2013年11月24日

ブラウン管のテレビ

昨夜大きな地震でもあったのでしょうか?
起きてみると、重たいテレビ(いまだブラウン管です)が20cmくらい斜めに動いてました。
直すのにも結構な力が要るくらいなのに……
他のくずれやすい物は一切動いていないので地震ではないと思うのですが……
もちろん部屋の鍵も調べましたが、しっかりかかってました。
ピッキングしてまで入るような部屋でもないし……出しっぱなしになってた現金もそのままだし……
posted by guitarra at 15:52| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

霊園

20年以上前のことです。
今考えればなんてことはないのですが、当時は警察にまで連絡して大騒ぎしました。

車で10分ほどの所に心霊スポットとして有名な大きな霊園があります。
当時の職場の仲間数人でその霊園へ肝試しに行くことになりました。
その当時、近所でTVに取り上げられるような超常現象や事件が相次いでいたせいで肝試しが流行っていたのです。

肝試しといっても、車2台に分乗して霊園の中の行けるところまで行ってしまおうという、そんな感じでした。
行ってみると大きな公園のようなきれいな霊園で肝試しの風情はありません。
さすがに奥深くまで行くと恐怖映画のセットのような様相でしたが、数人で行ったので怖いということもありませんでした。

皆で車から降りてたたずんでいると、暗闇から
「もしもし・・」と声が。
なんとパトロールのお巡りさんでした。
怒られました・・・

しかたないので会社に帰ることになり、また2台に分乗して走り出しました。
私は後ろの車を運転していたのですが、出口が見え、あと少しで霊園から出る、というときに
女性2名が乗る先行車が消えたのです。
見晴らしの良い広い真っ直ぐな通路なのでおかしいとは思うのですが、そのときは「あれ?」くらいにしか思わず、そのまま帰ってきてしまいました。
当然先行の2名も帰ってきていると思ったのですが、いくら待っても帰ってきません。
当時は携帯も普及しておらず、連絡もありません。
1時間ほどで大騒ぎになり、ちょうど警察へ電話したところでやっと2人は帰ってきました。
出口直前だったにもかかわらず、その後霊園の暗いところをぐるぐる迷っていたそうです。
2人はすっかり憔悴していました。

その2人は恐怖体験だったかもしれませんが、私は何てこと無かったので・・・

それより同じ頃、徒歩3分くらいのところにある霊園で一夜にして墓石が数百個倒された事件のほうが怖いです。
その霊園には化け物が住んでいるという噂がありましたが、それはワニガメだったことが判明しました・・・
posted by guitarra at 17:05| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ユリ・ゲラー

怖くはありませんが・・

Yahooのトップページにユリ・ゲラーが出ていたので昔のことを思い出しました。
当時は空前のユリ・ゲラーブームで、
その日も家族みんなで彼の生放送特番を見ていました。
番組はかなりの視聴率だったはずです。
それまでスプーン曲げなんてありませんでしたから、
地味に何分もかかってスプーンを曲げる姿は衝撃的でした。

番組中ユリ・ゲラーが
「今日は新しいことをやってみせます。視聴者の皆さん、何か壊れた機械をTVの前に持ってきてください」
と言ったのです。
ユリ・ゲラーがTVを通して日本中に超能力を送り壊れたものを直すというのです。

私の家には壊れた腕時計がありましたので、「ラッキー!直してもらおう」と腕時計をTVの前に置きました。
そして・・直りませんでした。

ところが次の日、壊れていたTVのチャンネルが直っていたのです。
あの時、どれくらいの物が直ったんですかね?
うちだけだったら偶然だけど。

posted by guitarra at 23:22| Comment(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。